新しく賃貸物件を借りる際には色々と初期費用が掛かります。しかし新しく部屋が変わる際に必要な費用はそれだKではありません。新しい部屋に移れば家具や家電などが追加で必要になる場合もあります。その際にはそういったものを購入する費用が必要です。そして、もう一つ忘れてはいけないのが引越しです。引っ越しの料金というのは新しく部屋を借りる際にかかる費用としてはかなりのウエイトを占める部分です。しかし、上手く利用すれば大幅に費用を削減することが出来る部分でもあります。引っ越しの費用の内訳としては運ぶ荷物の量、そして使用したトラックと作業員の人数ともう一つが移動距離です。長距離の引っ越しになると移動距離も増えるのでその分費用も掛かります。出来るだけ安く、そして安心な引っ越し業者はどのように探せばよいのでしょうか。

移動先に支社がある業者に依頼しよう

長距離の引越しであっても、引っ越し業者の探し方は通常の距離の引っ越しとそう変わりありません。ただ一つ、長距離の引っ越しの時にだけ忘れてはいけない気を付けておいてほしいポイントがあります。それは依頼する引っ越し業者の会社が移動先にあるかどうかという事です。引っ越しをした場所に引越し業者の支社があれば作業が終了した車と作業員は、ひとまず支社に帰ればよいですが、引っ越し先に支社が無い場合、作業が終了したら元の場所まで帰る必要があります。その分、移動と拘束時間が発生します。当然引っ越し料金に上乗せされるため、割高になるというわけです。こういったことを踏まえると長距離の引っ越しをする場合はテレビコマーシャルを放映しているような大手の業者に頼む方が良いでしょう。

安く済ませたいなら時期を考えよう

大手の業者を選んだほうが良い理由として、もう一つは安全面があります。やはり移動距離が長ければ長いほど移動中のトラブルが発生する可能性は高くなります。大手の業者であればそのあたりのマニュアルが徹底されているので安心して引っ越しを任せることが出来ます。距離に関係なく引っ越しの料金を安くする方法として、最も有効なのは引っ越しの時期を繁忙期ではなく閑散期に設定するという事です。日時に融通が利くのであれば1月から3月、または10月辺りの人がたくさん移動する時期は避けた方が良いでしょう。この時期は引越しの依頼をするお客さんが多いため、業者側も強気の値段設定をしていますし、値下げ交渉も難しいです。ねらい目は5月から夏場にかけて出、この時期を狙えば安く引っ越しできます。

HPでのお見積りだけではなく、ご希望のお客様には訪問でのお見積りも承っております。 お客様に最高の満足を提供するため、徹底したマナー教育を受講したスタッフがサポートします。 関東はもちろん、関東から近畿・東海・東北方面への長距離引越しもお任せください。 女性のリピーターが続出している、女性限定の特別サービスをご用意しております。 関東からの遠距離引越しにも格安プランで対応しております。 引越しが長距離なので費用が心配な方はこちら